誰が音楽を殺すのか
  • 出版社: 翔泳社
  • ページ数:342P
  • ISBN:978-4798107035
  • 発売日:2004/9
  • 価格:1659

誰が「音楽」を殺すのか?

著作

迷走するオンガクのオキテ


だれが「音楽」を殺すのか?
音楽が売れなくなりレコード業界が落ち込んだのはなぜか。ここ数年の間にリスナーの自由度を妨げ,音楽の流通を厳しく規制するようにした業界のビジネス 手法が下手だったと,筆者は分析する。前半は,レコード輸入権,コピー・コントロールCD,違法コピーとファイル交換,音楽配信サービスについて,議論の ポイントや議論の経緯を解説。後半は著作権管理や業界のあり方に対する意見が書かれている。音楽業界で問題となっている数多くの論点が技術面から理解でき る。

(日経バイト 2004/12/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)

 

目次

「音楽業界」がヤバイ。

Chapter 1 レコード輸入権-洋盤が聴けなくなる?

  • レコード輸入権とは何か?
  • 輸入権の導入経緯
  • 輸入権問題とインターネットの力
  • 法律が施行されたら本当に洋楽輸入盤が聴けなくなるのか
  • 高橋健太郎インタビュー「輸入権問題の本質と音楽業界の今後」

Chapter 2 CCCD-コピーができないCDの悲劇

  • なぜ突然こんなものが導入されるようになったのか?
  • CCCDの仕組みと再生機器の問題
  • CCCDの音質は悪いのか?
  • 音楽の制作現場とCCCD
  • CCCDを導入する国、しない国
  • CCCDは本当に「過渡期」のメディアなのか?
  • 曽我部恵一インタビュー「音楽のこれから」

Chapter 3 違法コピーとファイル交換

  • まず「違法コピー」について考えてよう
  • 許せる違法コピー? 許せない違法コピー?
  • ファイル交換ソフト「ナプスター」の衝撃
  • 「ナプスター以後」のファイル交換ソフトと日本
  • ファイル交換ソフトは音楽業界の売上を落としたのか?
  • 佐藤剛(FIVE D代表)インタビュー「音楽に愛を込めて」

Chapter 4 音楽配信サービス-埋まらない日米の格差

  • 音楽配信サービスの変遷
  • なぜ日本では音楽配信がブレイクしないのか?
  • 日本独自で成功した音楽配信「着うた」
  • なぜiTMSが日本で始まらないのか?

終章 音楽のこれから

  • いまでもトランジスタラジオは「キミの知らないメロディ」をキャッチしているか?
  • 音楽メーカーと流通の問題
  • 新しい音楽文化を創造する新しい政策やライセンス
  • アーティストとリスナーの新しい信頼関係

あとがき

 

 

最終更新: 2004年9月22日